×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エギング用のロッドはどんな竿?

エギングロッドに求められるのは、一日中シャクリを続けても疲れにくい軽さや、軽いだけでなく餌木の飛距離やコントロールをしやすいロッドバランス、また風のある時や複雑なシャクリ時にもロッド等にラインが絡みにくいようなガイドなど、多くのアングラーの嗜好に合わせた多種多様な条件がある。自分の釣り方にあった釣りをしやすいロッドを見つけることである。
いくら品物が優れているからと言っても長くて重たいロッドでは力が必要なのでシャクリにくいだろうし取り回しも効きにくいので扱い辛いだろう。各メーカーごとにそれぞれ激しいシャクリをする人やゆったりとしたシャクリをする人、ジャーキングを多用する人などに合わせた種類のロッドを開発しているので、釣り番組や雑誌などで人気があるからと言ってそれがそのまま良いロッドであるとは限らない。自分に合った道具を使うことが釣果に関係し長く釣りをして行くにも大事な事である。安いから高いから釣れる?は無いし、そもそも道具を大切にメンテする事によって楽しみも増えてくる事でしょう。

代替テキスト

代替テキスト

代替テキスト

シマノ・エギロッド

最高峰エギングモデル、セフィアのテイストをより多くのアングラーにお届けすべく生まれたセフィアBB。大好評のロッドシリーズのハイスペック版が登場しました。しなやかなロッドアクションで、ラインスラックを利用したスローなジャークを得意とするライトロッド。活性の低いイカにも完全対応。

エバーグリーン・エギロッド

大きく、高く。ダイナミック・ストロークジャーク。先行者や周りのアングラーはなんのその、豪快にぶん投げるキャスト性能はエギを遥か彼方のデカイカエリアへ運びます。9フィート6インチというレングスを、フルに活かしきるダイナミックな振り上げアクションが最大の特徴。

ブリーデン・エギロッド

二段シャクリを必要としないシャープでクィックなアクションでPEエギングの世界を切り拓いたBREADENエギマル。中弾性、高弾性の低レンジカーボンピリプレグを国内最高の技術でコンポジットし若干スローテーパーでありながら軽くブレの無い操作性を実現。伊豆諸島のフィールドテストでは3,650g, 3,400g他モンスター級にも余裕さえ感じさせる強度です。

エギング用PEラインはこちら>>

アフィリエイト収入